作り手の想いがつまったこだわりギフト 大切に育む、丁寧に作り上げる、工夫を惜しまない、
そんなひとつひとつのストーリーが唯一無二の味わいを生み出します。
作り手たちの想いがあふれるおいしさをぜひ大切な人に、あなたの食卓に。

味噌漬けじゃない、
“漬け活魚”という新しいおいしさ。

明石海峡の早い潮流と豊富な餌に恵まれ、身の締まったおいしい魚介類の宝庫で、江戸時代から魚の町として発展してきた明石。
明石浦漁港で、仲買を行う「明石お魚 つる一」の鶴谷真宜さんが、魚をおいしく食べてもらうために考えたのが“漬け活魚”。昔、料理人を目指していた鶴谷さんは、父親の病気をきっかけに実家の魚屋を継ぎ、その後魚屋や料理店などの食のプロを相手にする仲買人に。料理人の経験を生かした魚選びが東京や大阪の有名店でも好評です。そんな鶴谷さんがぜひ阪神の食のギフトに、と提案してくれたのが地元の味噌と酒粕を使ったオール明石産の“漬け活魚”です。

オール明石産にこだわって。

それぞれが一番おいしい時期に獲った明石の魚を、お刺身でも食べられるほど新鮮な状態で調理し、冷凍する“漬け活魚”。
「味噌漬けは、漬け込む前に塩を振ったり、塩水につけて魚の臭みをとって下味をつけますが、うちの“漬け活魚”は切り身にした後に味噌にすぐ漬け込みます。新鮮な魚に味噌の香りと風味をまとわすという感覚ですね。」そのためフレッシュな魚のおいしさそのままに、味噌の風味がプラスされたほかにはない味わいに。
また、解凍したものを2~ 3日冷蔵庫に入れてから焼くと味噌が染み込んで味噌漬けに近い味になり、味の変化も楽しめます。

使用する味噌は地元の糀店「こうじや京作」の味噌を、酒粕は地酒“来楽”のものをセレクト。
「味噌は、たまたま買ったら驚くほどおいしくて。お酒は明石の地酒と言えば“来楽”なんです。味噌に混ぜることでいっそう風味豊かになります。」焼くと身が反るほど活きがいい魚を使い、味噌の塗り方も魚の種類によって変えるなど、一貫して“おいしいものをよりおいしく”することにこだわった鶴谷さんの“漬け活魚”、ぜひお楽しみください。

和服に真っ白な割烹着が似合う女将の奥村美佐さん(中央)は三代目。
左が女将の母、奥野眞理子さん、右が大女将の奥野節子さん

もちもちの皮をひと口噛めば、あふれる肉汁と野菜の風味。

三重県・伊勢でのれんを守る昭和38年創業、餃子の名店のギフトが阪神百貨店に初登場。
コの字のカウンターで囲まれた中央で次々と包まれる餃子の餡は、地元の素材にこだわり、餃子の匠たちがその日の気温によって状態を見極めて配合を考慮します。カリッと焼き上げてよし、スープで水餃子にしてもよし。
もちもちの皮と旨みが凝縮されたとろける食感の餡のハーモニーにお箸が止まりません。創業以来、伊勢たまり醤油ベースの特製たれも付けてお届けします。

若手の造り手で活気あふれる酒蔵

食事と一緒に楽しめる、能登尽くしの味わい。

“能登を醸す”を経営理念に、地元農家とともに栽培する米や、能登町の山間から湧き出る超軟水の仕込み水を使って日本酒を醸す「数馬酒造」。明治2年創業の老舗ながら柔軟性と挑戦する心を大切にし、2015年には若手社員を醸造責任者に登用。杜氏制から社員が一丸となる酒造りへと切り替え、若手が活躍できるクリエイティブな酒造りを行っています。
今回のギフトは、2014年にスペインで開催された食の学会「マドリッドフュージョン」の会場で振る舞われた“能登純米”と、大吟醸酒“能登大吟”をセット。食事の立役者として寄り添う銘酒を揃えました。

阪神からのお歳暮
対象商品
1742
キーワード
カタログをお持ちの
お客様へ

カタログに記載されている商品番号からご注文いただけます。

ブランド
  • ブランドを選択する
阪神人気セレクション
カタログギフト
冬の便利な御用聞き
阪急阪神ギフトモ-ルネットご注文サポート事前予約システムについて